コーヒーのドロップオフサービス始めました

自分の庭で実ったコーヒーを飲むなんて、コーヒー好きでなくとも最高の贅沢。

小笠原の気候は素晴らしくて、コーヒーの木はちょっと手をかければたくさんの実をつけてくれるけれど、収穫した後は乾燥、皮剥き、選別、焙煎という道のりを経てやっと飲める一杯のコーヒー。

以外と遠い一杯のへの道、USK Coffeeがお手伝いします。

カフェに収穫したコーヒーの実を持ち込む(ドロプオフする)と、乾燥〜焙煎までの加工工程をUSKが代行し、収穫量の一部を焙煎したコーヒー豆にしてお返しします。

一回のドロップオフの量は少しづつでもOK。累計して、最後には最高の自分の一杯が飲めるはず。

美味しいコーヒーを飲むコツは、完熟した豆を新鮮な状態でドロップオフするだけ。あとはUSKで仕上げます。

drop-off-poster-20161004

広告